読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

咲き誇れ。

この瞬間のキセキを表す言葉はどこにあるのだろう? ***ジャニヲタ英語部参加者募集中!***

ジャニヲタ英語部speaking第18回&writing第7回のお知らせ

【ジャニヲタ英語部speaking第18回】

 
日時:2016年11月5日(土)
   午後18時~21時頃
場所:有楽町・東京駅付近のカフェ
 
費用:カフェでの飲食代をお支払頂きます。基本的に飲み物だけで大丈夫ですが、時間も遅いので食べ物もOKです。
 
参加者:めぐさん(川島如恵留)、なゆこちゃん(林翔太)、さちさん(五関晃一)、こなつさん(横尾渉)、ゆりか(松本幸大)、以上5名
 
内容:
 
オールイングリッシュです!
 
まずは自己紹介 Please introduce yourself!
 
①名前(呼び名)
②担当もしくは好きなタレント、グループの名前
③英語をやりたいと思った理由
④最近の小さな幸せ(ここ1週間くらいであったちょっとの幸せ。どんなささいなことでも構いません!ジャニ関連でも、そうでなくても。)
 
つづいてウォーミングアップ Let's have a warm-up!
 
いつもの「僕は誰でしょう?」ゲーム。さくっと行きましょう!
 
 
ここからが本題 Talk! Talk! Talk!
 
◆ミニディスカッション
 
久々にミニディスカッションやろうと思います!お題は当日お伝えするので何かを準備して頂く必要はありません。グループメンバーが均等に発言して意見を出せるように進行していきましょう!!
 
 
◆テーマトーク
 
これも最近定番になってきましたが、最初に1人1つずつ「話したいテーマ」を書いてもらい、そのテーマについて話そうと思いますので、あらかじめ何かテーマを考えてきて頂いておくととっても助かります。
前回までに出たテーマで面白かったのは
・尊敬するジャニーズは?
・担当に歌って貰いたい曲は?
・タレントの結婚について
・ジャニーズJr.は大学に行くべきか
など軽いものから重いものから、考えさせられるものまで色々ありました!
 
◆フリートーク
 
終わり次第フリートークに移ります。自由に話して頂いても、フリートーク用の軽いテーマカードを用意しておくので、そこから選んで頂いてもOKです。
 
 
 
【ジャニヲタ英語部writing第7回】
 
参加条件は以下の通りです。
 
・英語で書かれていること
・ジャニーズに何か関係のある内容であること
 
であれば、それ以外の制約は一切ありません。内容、形態、量など自由です。もちろん文法的な間違いなども気にせずどんどん書いてみてください!
 
参加方法は以下のいずれかでお願いします。
 
1)はてなブログを開設されている方→ご自身のブログに作品を投稿してください。投稿する際に当記事をリンクさせて下さい。
 
2)はてなブログ以外のブログ等を開設されている方→英語部専用アドレス(englishclubj@gmail.com) にブログ等のURLを送って下さい。
 
3)ブログ等を開設されていない方→英語部専用アドレス(englishclubj@gmail.com)に①名前(ニックネーム)②作品のタイトル ③本文 の3点を記載したメールをお送り下さい。 締切は11月4日(金)23:59です。
 
speakingのみ、writingのみの参加、両方の参加は問いません。参加しやすい方法を選んで頂ければと思います。ただし、writingで書いて頂いた記事は、あらかじめ筆者さんの許可を頂いた記事のみspeakingの方で引用させていただく場合があります。 みんなで感想を共有してみたいと思っていますのでご協力いただけると嬉しいです。
 
ぜひぜひぜひ奮ってご参加ください!

「それでもジャニーズが好き?」

ここ最近色々なことがあった。ただその色々なことの事情とか真実とかいったものは知る由も知る必要もないことなので、ここでその議論をするつもりはない。

でも、その色々なことの中で何度も問われ、何があっても答えが変わらないものがあることにと気づいた。

「それでもジャニーズが好きなの?」

答えはいつ何度問われても同じ。

「ジャニーズが好き。」
「ジャニーズだから好き。」

これって自分の生まれ育った家に対する想いに似てるな、と思う。どんなに問題があっても、世間的にどうであっても、自分の生まれ育った家はそこしかない。他と比べて劣るからと切り捨てることも、そもそも相対的な見方さえもできないんじゃないだろうか。

だって「なぜ好きなの?」と問われれば、
「ジャニーズだから」としか答えようがないのだから。

ただ、ここで言う「ジャニーズだから好き」という答えに、商業的ブランド力という観点での「ジャニーズ」は全く意味を成さない。

もうだいぶ前から、ジャニーズというブランドは一タレントが芸能界で活躍していくのに良い方向に働くことは少ないんじゃないかと感じることは多い。ネットの肖像権問題とかチケット問題とか旧体制過ぎるやり方に端を発するものはもちろん、特に10代のジャニーズJr.達が、「ジャニーズなのに」「どうせジャニーズでしょ」というレッテルを張られて正当な評価をされる機会を悉く逃していることも多い(注:この発言はモンペ傾向が入っている可能性があります)。どんなに素晴らしい才能に溢れた輝かしい子達(トラジャとかトラジャとかトラジャとか)を言葉を尽くして宣伝しようとしても、このレッテルはその全てをはねのける。(注:モンペ)

正直なところ、一タレントに思い入れて応援する気持ちが強くなればなるほど、もう辞めた方がいいんじゃない…とふと心の底で思ってしまう回数も増えていく。辞めて欲しいと思うこともある。

それでも、少なくとも私は「ジャニーズだから」そのタレントが特別で大好きで、ジャニーズでなくなったときに同一人物であるそのタレントは応援対象じゃなくなる。もっと言うと(これはさらに私だけかもしれないけど)ジャニーズだったら顔も知らないJr.でも特別で大好きなのだ。

職業柄、この感覚は自分の学校の生徒にたとえるてとても腑に落ちている。(さっきジャニーズを家庭にたとえておいて、早速たとえを変えているところには深く突っ込まないでくださいな。)

自分の学校の生徒はみんな無条件にかわいいのだ。どんなに問題児でも、それこそ顔も知らなくても、入学してきたその瞬間からかわいい。頑張って活躍していればとにかく嬉しい。そして誇らしい。電車で自分の学校の制服を着ている子がマナー違反をしていたら怒る。でも、同じ高校生でも、違う制服を着た子供達には特になんの感情も起こらない。嫌いな訳じゃない。びっくりするほど興味がないのだ。

この話の行き着く先は特になくて、ただジャニーズが好きなんだということを言いたかっただけなのだけど、ここまで書いて自分は永遠にこのどうしようもない事務所の人たちを応援していく運命から逃れられないのだということが論理的にも分かってしまってちょっと絶望している。

そんなわけで、とにかくその私の「家庭」なり「学校」なりが出来るだけ良い環境であることをただひたすらに切に願っておく。誰よりも自分のために。

ジャニヲタ英語部writing第6回作品発表

今回も素敵な作品をいただいていたにも関わらず、かなり遅い発表となってしまいました。申し訳ございません…!

 

まず本当にいつも目から鱗的な記事を書いてくださるしいのさん。これが噂のラブセンってやつですね…!!って思いながら読みました。こういうのやり出したらたぶんすごい時間を費やしてしまうんだよな…でも素敵…。

 

mairu3su.hatenablog.com

そして、今回の英語部speakingで本当に素敵なプレゼンをしてくれたしーちゃんの記事です。海外ファン500人以上からのアンケートをもとに分析と鋭い考察をされていて、ジャニーズファンとして、英語好きとして、そしてその両方をコラボさせたようなこんなジャニヲタ英語部を企画主催している者として、プレゼンを聞いていてとても心に来るものがありました。ジャニーズも英語も、そのファンもより大好きになった!とにかく一読の価値ありです!

capriccioso.hatenablog.jp

 次回はきっと、、いやたぶん、、私も参加します。

またよろしくお願いいたします。ありがとうございました!!

 

ジャニヲタ英語部speaking第16回&writing第6回のお知らせ

【ジャニヲタ英語部speaking第16回】

 
日時:2016年8月3日(水)
   午後19時半~21時半頃
場所:有楽町・東京駅付近のカフェ
 
費用:カフェでの飲食代をお支払頂きます。基本的に飲み物だけで大丈夫ですが、時間も遅いので食べ物もOKです。
 
参加者:七那さん(岡本圭人)、さほりちゃん(重岡大毅)、なゆこちゃん(林翔太)、マイPさん(千賀健永・神山智洋・藤原丈一郎)、しーちゃん(中島健人)、さちさん(五関晃一)、こなつさん(横尾渉)、ゆりか(松本幸大)、以上8名
 
内容:
 
オールイングリッシュです!
 
まずは自己紹介 Please introduce yourself!
 
①名前(呼び名)
②担当もしくは好きなタレント、グループの名前
③英語をやりたいと思った理由
④最近の小さな幸せ(ここ1週間くらいであったちょっとの幸せ。どんなささいなことでも構いません!ジャニ関連でも、そうでなくても。)
 
つづいてウォーミングアップ Let's have a warm-up!
 
「僕は誰でしょう?」ゲーム。今回はありがたいことに初参加の方がいらっしゃるので、きちんと説明しますね!簡単なゲームです!
 
 
ここからが本題 Talk! Talk! Talk!
 
◆他己&他担紹介
 
前回試しにやってみましたが、なかなか大変だけど面白い!ということでまたやってみます。
やり方はいわゆる他己紹介とおなじ。ペアになって、お互いのこと&お互いの担当についてインタビューしてください。たとえば、
・いつから好きになった?
・出会いのきっかけは?
・担当の好きなところは?
・おすすめしたい担当のCD、DVDなどは?
聞きたいことをなんでも聞いて構いません!
そして、ここからが大事。インタビューをもとにペアの方とその担当を他の参加者に紹介してもらいます!
 
◆My Best Photoプレゼンテーション
 
今回のプレゼンは必須にします!Sexy zone channelを視聴していて思い付きました。My Best Photo、つまりジャニーズの写真でお気に入りの1枚について、なぜそれが好きなのか語ってください!長さはほんの一言~3分まで。一言でも良いです!よ!
選ぶ写真は、ショップ写真でも、雑誌の記事でもOKです。(いけないお写真は今回はやめておきましょう…)担当が写っていても、そうじゃなくても何でも構いませんので、熱い想いを語って頂ければと思います!
 
 
◆テーマトーク
 
最初に1人1つずつ「話したいテーマ」を書いてもらい、そのテーマについて話しましょう!
前回までで出だテーマで面白かったのは
・尊敬するジャニーズは?
・担当に歌って貰いたい曲は?
・タレントの結婚について
・ジャニーズJr.は大学に行くべきか
など軽いものから重いものから、考えさせられるものまで色々ありました!
 
◆フリートーク
 
終わり次第フリートークに移ります。が、今回は時間が短いのであまり出来ないかなと思ってます。
 
 
 
【ジャニヲタ英語部writing第6回】
 
参加条件は以下の通りです。
 
・英語で書かれていること
・ジャニーズに何か関係のある内容であること
 
であれば、それ以外の制約は一切ありません。内容、形態、量など自由です。もちろん文法的な間違いなども気にせずどんどん書いてみてください!
 
参加方法は以下のいずれかでお願いします。
 
1)はてなブログを開設されている方→ご自身のブログに作品を投稿してください。投稿する際に当記事をリンクさせて下さい。
 
2)はてなブログ以外のブログ等を開設されている方→英語部専用アドレス(englishclubj@gmail.com) にブログ等のURLを送って下さい。
 
3)ブログ等を開設されていない方→英語部専用アドレス(englishclubj@gmail.com)に①名前(ニックネーム)②作品のタイトル ③本文 の3点を記載したメールをお送り下さい。 締切は8月2日(火)23:59です。
 
speakingのみ、writingのみの参加、両方の参加は問いません。参加しやすい方法を選んで頂ければと思います。ただし、writingで書いて頂いた記事は、あらかじめ筆者さんの許可を頂いた記事のみspeakingの方で引用させていただく場合があります。 みんなで感想を共有してみたいと思っていますのでご協力いただけると嬉しいです。
 
ぜひぜひぜひ奮ってご参加ください!

PLAYZONE

What does summer remind you of?
Sea? Fireworks?...No! It’s PLAYZONE.

PLAYZONE had been shown since 1986 by Shonentai, and in 2009, it was shown by Kis-My-Ft.2. It was also a memorable show for me, but it’s another story. When I say PLAYZONE, I mean PALYZONE SONG&DANC’N performed by Tsubasa. The concept of this stage is to sing and dance many traditional and famous Johnny’s songs. The most characteristic thing is that they dance powerfully all songs. Moreover, all songs are choreographed by Travis Payne, who is the choreographer of “THIS IS IT”. Very Very unfortunately, PLAYZONE will not be shown this summer, but today, I will tell you three very attractive points of PLAYZONE and recommend two DVDs.

The first attractive point is very powerful group dancing. The formations arranged by Travis Payne are very beautiful. And the moment each member’s motion gets one, you will see the most beautiful stage in the world!! I want you to recommend these songs, “光”,”マーチ!””ギンギラギンにさりげなく” and ”Guys PLAYZONE”.

The second attractive point is the growth of Travis Japan. Four members in Travis Japan, Myuto, Noel, Shime and Hiroki had been performed in PLAYZONE since the very first year of Tsubasa’s PLAYZONE as JR.A. Other five members, Aran, Miyachika, Uminchu, Kaji, Shizuya joined in 2012, and Travis Japan was made. They were so young and their bodies, performances and their minds were still immature. But finally, in PLAYZONE2015, they performed their solo stage. They stood in the center of the Aoyama theater alternately. Each member performed with full of confidence. Their growth and performance was like a miracle.

The third attractive point is the love toward PLAYZONE. PLAYZONE is loved by all fans, all members and Travis. That’s why PLAYZONE is attractive. Many fans love PLAYZONE so enthusiastically that they not only love PLAYZONE, but also love Aoyama Theater itself, or summer itself!

Then, I recommend you two DVDs.
The first one is PLAYZONE the final. Many songs with group dancing such as 光, マーチ!... is performed in PLAYZONE2015. And as I said, you can see very beautiful solo stage of Travis Japan, which is “どうなってもいい~It’s BAD.”

The other one is PLAYZONE2011. ABC-Z joined at that year. All the performance was nearly perfect. Actually I love this year’s performance the best. And this DVD was recorded in July 24th, which was just after Fumito got injured. It’s so sad that we can’t see Fumito, but I want you to watch “カンペキ” and ”ABC-Z”. カンペキwas mainly danced by Goseki san and Fumito first, but at that day, instead of Fumito, Yara-san danced perfectly even though they had only a half day for rehearsal. ABC-Z was performed by only four members of ABC-Z. But they were very powerful. I happened to go to see this day, and I was impressed with big cheer voice to say “ABC-Z” from audience.

That’s all for my presentation, and If you get interested in PLAYZONE, please come and see PLAYZONE鑑賞会 on August 20th. Thank you!

ジャニヲタ英語部writing第5回作品発表

大変遅くなりました!

ジャニヲタ英語部第5回の作品を発表させていただきます。

今回は3つです。

まず、本当は6月に作品を寄せてくださっていた七那さん。私も圭人が英語のお仕事をしている時には必ずチェックします。圭人のそんな姿が大好きなのです。

nanayanyade.hatenablog.com

続いていつもありがとうございます。さちさんの作品です。

はっしー、誕生日おめでとう!

sachi1145.hatenablog.com

 最後に自分の、英語部speakingの直前にどうにか考えたPLAYZONEおすすめ記事です。今年の夏はPLAYZONEがないけれど、見たい人は鑑賞会やるよ!来て!

 

kotonoha13.hatenablog.com

 6,7月と私事に追われ、なかなか宣伝もできずにおりましたが、そんな中で記事を寄せてくださってありがとうございました。ジャニヲタ英語部をやると、自分が英語に関わりたいと思う本来の理由やはじめの気持ちを思い出します。

 

また来月もよろしくお願いします!

ジャニヲタ英語部speaking第15回&writing第5回のお知らせ

【ジャニヲタ英語部speaking第15回】

日時:2016年7月9日(土)

   午後18時~21時頃

場所:有楽町・東京駅付近のカフェ

費用:カフェでの飲食代をお支払頂きます。基本的に飲み物だけで大丈夫ですが、時間も遅いので食べ物もOKです。

参加者:こなつさん、さちさん、めぐさん、しーちゃん、なっこさん、ゆりか 以上6名

内容:

オールイングリッシュです!

まずは自己紹介 Please introduce yourself!

①名前(呼び名)

②担当もしくは好きなタレント、グループの名前

③英語をやりたいと思った理由

④最近の小さな幸せ(ここ1週間くらいであったちょっとの幸せ。どんなささいなことでも構いません!ジャニ関連でも、そうでなくても。)

つづいてウォーミングアップ Let's have a warm-up!

「僕は誰でしょう?」ゲーム。皆さん経験者(?)なのでさらっといきます。



ここからが本題 Talk! Talk! Talk!

◆他担紹介
今回初めてやってみたいことです!
いわゆる他己紹介とおなじ。ペアになって、お互いの担当についてインタビューしてください。たとえば
・いつから好きになった?
・出会いのきっかけは?
・担当の好きなところは?
・おすすめしたい担当のCD、DVDなどは?
そして、インタビューをもとにペアの方の担当を他の参加者に紹介してもらいます!

◆プレゼンテーション
やりたい方いたらぜひ!いなかったらここはスルー。

◆テーマトーク

最初に1人1つずつ「話したいテーマ」を書いてもらい、そのテーマについて話しましょう!今のところは一つのグループで行おうと思ってます。

◆フリートーク

終わり次第フリートークに移ります。

 

 

【ジャニヲタ英語部writing第5回】

 

Writing第4回の内容及び参加方法も前回と同じものになります。

参加条件は以下の通りです。

・英語で書かれていること

・ジャニーズに何か関係のある内容であること

であれば、それ以外の制約は一切ありません。内容、形態、量など自由です。もちろん文法的な間違いなども気にせずどんどん書いてみてください!

参加方法は以下のいずれかでお願いします。

1)はてなブログを開設されている方→ご自身のブログに作品を投稿してください。投稿する際に当記事をリンクさせて下さい。

2)はてなブログ以外のブログ等を開設されている方→英語部専用アドレス(englishclubj@gmail.com) にブログ等のURLを送って下さい。

3)ブログ等を開設されていない方→英語部専用アドレス(englishclubj@gmail.com)に①名前(ニックネーム)②作品のタイトル ③本文 の3点を記載したメールをお送り下さい。 締切は7月9日(金)23:59です。

speakingのみ、writingのみの参加、両方の参加は問いません。参加しやすい方法を選んで頂ければと思います。ただし、writingで書いて頂いた記事は、あらかじめ筆者さんの許可を頂いた記事のみspeakingの方で引用させていただく場合があります。 みんなで感想を共有してみたいと思っていますのでご協力いただけると嬉しいです。

ぜひぜひぜひ奮ってご参加ください!