咲き誇れ。

この瞬間のキセキを表す言葉はどこにあるのだろう? ***ジャニヲタ英語部参加者募集中!***

ジャニーズ楽曲大賞2012

楽曲部門1位:真夏の夜の花/PLAYZONE

あくまで思い入れとかなしに楽曲の良さで選んでいるつもりです。もちろん自担がメインで踊った曲だからという気持ちもあるけど、それを差し引いても美しい曲だった。メロディーもなんだけど、私はこの曲の歌詞がとても好きで。かなり唐突な一夜の恋の話なはずなのに、花に例えてることによっておとぎ話の一節みたいにたおやかな余韻を残していく感じが好きです。かの名作の題名を引用したタイトルも良いです。

楽曲部門2位:チャンカパーナ/NEWS

恋のABOの前置きはあったものの、4人の第一弾がこの曲調できたか!と。そしてこれがものすごい好みな曲調。一度聴いたら忘れられない。さらにはその世界観を完璧に表現してるNEWS。私のなかのジャニーズ音楽史に確実に残る曲です。

 楽曲部門3位:Shake it up/Kis-My-Ft.2

これも単純に曲調が好きです。ディスコミュージックというんでしょうか。この体が勝手に動き出してしまう感じ。そして千賀さんの妙にキャッチーな掛け声(笑)何度でも何度でも聴いていたい癖になる曲でした。

楽曲部門4位:雨だって/SexyBoyz

セクシーボーイズの表記が分からないほどには彼らに興味がなかったのですが、、とってもアイドルらしくてちっちゃい子らしくて、真っ直ぐキラキラなところが本当にかわいい曲だなってお気に入りです。この曲のためにセクサマが欲しい。

楽曲部門5位:ワイルドアットハート/嵐

久しぶりに、ほんとに久しぶりに聴いた瞬間キターー!って思った曲ですね。嵐シングルではほんとに久しぶりじゃない?そして分かりやすく元嵐担やらJr.担やらが沸いてておもしろかった。王道が好きなんだよ。結局のところコアなヲタクが求めてるものは王道なんだなって改めて感じた一曲。

次点:ミステリーヴァージン/山田涼介

次点っていうか今年発売だから候補曲じゃないっていうねヽ(・∀・)ノだけどどうしても訴えたかった!この曲の良さを!Bメロからサビに行く前の感じ、間奏に入るところで突き抜けてく感じ、わざとらしくなく、でもがっつり金田一に繋げた歌詞。素敵です。

 

この曲には私がジャニーズに求めるもの全てが詰め込まれてる。そんな曲です。Aメロのゆったりの部分、サビ、途中の手を叩くところ…。本当に夢のような曲だと思う。簡単に描写しちゃうとディズニーっぽいんだけど、、○○っぽいでは済ませたくないくらい好き。未音源と音源化の部門が分かれていなかったら、恐らく総合1位にしていたと思います。

次点

Where My Heart Belongs

百花繚乱

Let's Go West -K A N S A I !!-

バンバンッ!! これは2011発表だと思うのでやむなく入れられなかった…

いずれもやっぱり楽曲のみで考えて素晴らしいもの。バンバンッ!!なんかはどうしてもパフォーマンス(というかわちゃわちゃ)込みで考えたくなるけど、あの勢いのある感じは音だけでもだいぶ好き。「燦然と咲き誇れ」という歌詞はとても彼らに合っているなと思っていて、ブログのタイトルにもお借りしちゃいました。

普段からコンビ萌えというものにはあまり縁がないのであえて選ぶなら。ゆーふーというか、ひとえにふーくんのwww感が半端ないところに1票。