読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

咲き誇れ。

この瞬間のキセキを表す言葉はどこにあるのだろう? ***ジャニヲタ英語部参加者募集中!***

個人的ジャニ歴①

超個人的ジャニ歴☆☆
せっかくだから自分のジャニ歴(浮気歴)について書いとく。思いつくだけ。

○小学生

→初めて自分の意志で見た連ドラ、金田一で堂本剛とともにジャニーズの存在を知る。しばし堂本剛ファン(ここ大事!ヲタではない)

→続いて木曜の怪談を見てタッキーにはまった姉とともに怪談トリオが好きになる。何となく「タッキーは姉のもの」的なイメージがあり、私は滝ファンには絶対ならないことを決意。というわけで自称翼ファン。(でも実はたぶんタッキーのほうが好きだった。)

高橋直気くんが結構かなり好きでしたが、あの子がやめちゃった辺りで微妙にジャニ離れします。

→しばし離れる。

○中学生

→中2の時、またも突然松潤に目覚めた姉とともに愛Loveジュニア、8Jなどを毎週鑑賞。時代はタッキー。なのにもうタッキーには見向きもしない姉妹。「僕らの勇気~未満都市~」で相葉ちゃんを見て、何この子って思う(笑)

→某マニッシュという雑誌を見て、相葉ちゃんのかわいさにノックアウトされる(年上)

→8Jでスーパーアイドルな相葉ちゃんにメロメロになる。でもコンサートとかには絶対行かん。中学生はそんなとこには行っちゃいけないものだと思ってた。同じく原宿のジャニショも。とてつもなく遠いところにあるものだと思ってた。

→諜報機関ちゃぱらとかを録音してエンドレスリピート。ニノ好き。ハイテンション矢代徳久も好き。

→タッキーに可愛がられすぎな山ぴーは例にもれず大好き。少年Jとか京都ビストロジャーニーとかに出てくるちっちゃくてちっちゃくてかわいいかわいい亮ちゃんも例にもれず大好き。マルはマラソンのすごい子。ヤスは健康的な元気な子。大倉なんてそんなやつ知らん。

→ヒナ結構好き。すばるはむっちゃくちゃ好き。当時は相葉ちゃんの次くらいにつけてた。あとはやさしい~顔の大堀くんが大好き。

→姉が伴くんって子と赤西仁って子がかっこいいと言い出したけど興味ナシ。ちっちゃい子ぐみの中では天使の笑顔の田中聖が一番好きでした。(なのに今では…!!)

(→中3で突然ラルクにはまる)

→8Jが終了し、やったるJに、愛Loveジュニアが愛LoveB.I.G.になるころ、嵐デビュー。でもその頃はラルクにだだばまり。

→金八が始まり風間くんの演技に涙涙。自分と同時に卒業するみんなに超感情移入。制服のシャツの下に赤いTシャツを着たぶさいくな子(亀梨)がなんとなくカッコ良く思えてくる。見慣れるってすごい。愛着ってすごい。同じクラスの友達の1人が亀にハマる。

○高校生(ジャニ離れの時期)

→滝翼がさりげなくデビューして驚く。


○大学生

→一年の夏、新聞で嵐コン予約の記事発見。ふと懐かしくなって姉と参戦。なにげこんな時に初のジャニコン

→相葉ちゃん出演のドラマも山P出演のドラマも完全スルー。あ、ランチの女王はしっかり見たのにPの記憶なし;

→NEWSがデビューして、とうとう山Pもデビューしたのね、と思う。亮ちゃんがかっこよくなってる!って思う。内…誰やねん!ってかNEWS、あと全員知らんわ!!って思う。

→大学2年(かな?時系列がわかんない)なぜか亮ちゃんのドラマだけはスルーできずに、「てるてる家族」を亮ちゃん初登場の時から欠かさず見る。石原さとみちゃんが大好きになる。

→9月に京都に新撰組史跡めぐり家族旅行に行く。なにげなく旅館でテレビをつけると…。え!?ヨコ?ヒナ?すばる?亮ちゃーん!!ヤスかわいすぎ!マルあんなだったのに(失礼)男前になってるー!!エンディングで、当時関西限定発売だったらしい「浪花いろは節」を聞き、懐かしさと、曲の素敵さに泣きそうになる。内忠の認識なし。

→関東に帰るとすぐにいろは節全国発売、歌番組出演。ビデオに録画してみたりなんかして。感謝=∞を借りる。

→冬、あのドラマが始まる。日本の多くのイケメン好き女子の人生変えたドラマ、「ごくせん」。亀梨出るんだあ~。ちょっとだけ好きだったような記憶もなくはない…し、見てみようかしら。と何気なく第1話を見る。

→亀がどうしようもなくかっこいい。赤西仁が出ることも知ってたのに、話の中盤くらいまでどれが仁だか分からず。姉に確認。分かる。仁かっこええ!!

→テストに突入したため、ごくせんは録りだめ。2月半ば、テストが終わりたまってたごくせんを見る。

→ジャニ戻りを決意する。

→実に8年ぶりにドル誌とTV誌を買い、古本屋でKAT-TUN写真集を買い、神サマーDVDを買う。KAT-TUNにどっぷり浸かる。

→語学研修に行ったため、カツンの春コンは断念。帰国して4月、BSが見れないため、いとこ宅にお邪魔して少クラを初見。担当を亀梨にすることを決意。

→ドル誌を見てNEWSに心ひかれる。何月号だろ…MYOJOで「こやまぴー」と「テゴシ☆シゲジ」の会話にかわいいを連発する。SUMMARYのDVDを買ってますてごの歌の上手さに感心する。KちゃんNEWSでシゲ慶の掛け合いが大好きになる。

→内が入院。そのせいで内に落ちる(笑)まだまだ大倉の認識ほとんどなし。

→エイトレンジャーが始まる。こ…この素敵な文章を書く大倉って!どんな子!??

KAT-TUNコン初参戦。たぐちが好きで好きでたまらなくなる。KAT-TUN、NEWS、エイト同時応援体制。

→例の事件。エイトが大好きで大好きで仕方なくなる。たっちょんの8→1と亮ちゃんの暗号のようなメッセージに号泣する。たっちょんにweb落ち。

KAT-TUN再追加コン参戦、なんとなくキスマイがカッコよく見えてくる。

→金田一、野ブタグラチャンなど亀ちゃん三昧。

→カウコンで初生エイト、初生NEWS。たっちょんに落ちる。

→初NEWSコン。小山うちわで参戦するもシゲ王子に思いがけずやられる。

→ドリボで忠義堕ち。大倉病にかかる。

→演舞城に行く。3列目という神席で忠義を見る。ロマネスクに涙する。でもなぜか心に強く残ったのはキスマイ(とくに横尾)。

KAT-TUNデビュー。デビューコン@ドームは諸事情で行けず涙を飲む。

→カツンデビューツアー4回参戦。ドームはなかなかの良席で有岡くんに手を振ってもらう(笑)

→エイトコン2回参戦。若干たっちょんに引き始める。代わりに藤ヶ谷父さんをガン見。

抱いてセニョリータのバック、「強く強く強く」のところでなぜか一人首を振って前髪を強調する父さんにハマる。

→髪が長すぎる亀に耐えられなくなる。

→ドル誌を見て突然こっしーが好きになる。

→夏休み。大冒険3回、翼コン1回、嵐コン1回、すば倉コン1回に行く。祈りを聞いて涙ぐむ。自分のうちわを持つファンにお辞儀をする謙虚な千賀がかわいくて仕方なくなる。MIKE素敵すぎると思う。翼コンで初めて踊るこっしーを見てやっぱりこの子かわいいー!!!と思う。嵐コンは一応相葉ちゃんを見るつもりが、横浜だけ現れたこっしーに釘づけになる。すば倉コンで大倉はやっぱりカッコ良いと思うが、大倉にかけられる歓声のすごさになんだか怖くなる。

→タイに行きたくなった途端にクーデターが起きる。

→やっと髪を切った亀を見て、いろいろ言ったがやっぱり亀担のままでいようと思う。でもウタワラではたぐちの方によりときめく。

→千賀大好き。祈り病にかかる。※症状:祈りを1日5回はリピる。片膝立ててうつむく横尾さんにときめく。俊哉の動きのブレに爆笑する。北山にキモ!と呟いてみる。ニカちゃんの黒衣裳にキュンとなるなどなど。

→仁が語学留学すると聞いて突然仁が好きになる。(←語学好きが好き)

→「たった一つの恋」に世間の評判に反してはまりまくり、亀と綾瀬はるかと横浜に憧れる。

→百識を見て知的すぎるカトカンの将来が楽しみになる。有岡くんの笑顔にものすごく癒されている気がするが、有岡(中3)が頭にちらつき、気付かないふりをする。

→カウコンは遠い席にも関わらず、キスマイ窓共演のダメバックに大興奮。カツンはテレビで見れる、と父・越を双眼鏡で見すぎて頭が痛くなる。

→あけおめコン参戦。オーラスは親子席の後ろ、前が座ってるので足まで見えるという超絶席。そんな中目の前に来た父に太輔うちわを振り、流し目で見られる。スターシーカーかっこ良すぎる。クエスが好きになる。千ちゃんにお手振りをもら(ったことにしておく)。ニカ千のじゃれあいを見て、「ニカ千シンメ最高!」とか、いかにもキスマイ担っぽいことを言ってみる。

→参戦予定のコンもなく、やることがなくてついに翼DVDを買う。翼と窓の世界に溺れる。

→迷いに迷ったあげく、デンデケのチケを取る。後に窓出演が発表されて飛んで喜ぶ。東京ラストで号泣する依のせいで、一瞬のデンデケ病にかかる。

→社会人になる。日々の楽しみが、少クラ・ヤヤヤ・J出演ドラマ鑑賞になる。

→カツン漫画コン参戦。癒しを求めて有岡うちわを作り、千賀うちわの裏に貼りつけるという暴挙に出る。田口ソロで騒ぎすぎる。亀ソロはキュンとする。

→ゴルマイ握手会に参加し、さわっでぃーかーとか言ってみる。

→演舞城に行く。2回行って2回とも7列目。一度は花道すぐで、やっぱり演舞城は神と思う。何故か和服ニカばっかりを見てしまう。ダメ音頭で、間近の花道でいのちゃんと見つめあい、さらにこちらを向いて満面の笑顔の有岡さんにノックアウトされる。

→平成PVを見て、有岡くんにかわいいかわいいと連発する。握手会には半休までとって参戦。思ったよりひげが濃いなと思う。

→大冒険参戦。宮田俊哉4連うちわの「田」を持つ。裏は「w(°0°)w」。俊哉に指を差され、五関さんに苦笑いされるチーム俊哉。父がトロッコで来るがちょうど真下の時に腰を振られ、「キモっ!」と思う。帰りに有岡うちわに加えてニカうちわを買っているのはいいとして、はしーのオリジナルフォトを購入し、買ってる途中に本気で頭に「??」が浮かぶ。

→ドリボ参戦。やっぱり何故かニカガン見。最後に亀が切れて、振りかえったら亀を全く見ていなかったことに気づく。

→Jr.横アリコンに気休め程度に参戦。カトカンがかわいい。やっぱり有岡うちわに加えてはしーうちわを購入し、やっぱり頭に「?」と、「橋本良亮(中2)」という危険信号が点滅する。

→平成JUMPデビュー。有岡担降りを思い止まる。空気読まずにキスマイデビューを信じている日々。