咲き誇れ。

この瞬間のキセキを表す言葉はどこにあるのだろう? ***ジャニヲタ英語部参加者募集中!***

アイドルに負けて悔しい、と思うこと。

阿部亮平くん、岸本慎太郎くん、気象予報士試験合格、おめでとうございます。心からのお祝いを申し上げます。

その日A.B.C-Zの舞台を観に来ていたSnow Manのメンバーからの第一報が嬉しかったのは言うまでもない。けれど、それより何より嬉しかったことは、このニュースがマスコミでも大きく取り上げられ、翌日すぐに二人がワイドショーに出演したことである。

まだCDデビューさえしていないジャニーズJr.が、異例のテレビ出演。天気予報士の中には新しい波だとコメントや記事を書いてくれた方もいた。世界が動いたと思った。

資格を持っていることがきっと武器になる、と思って試験を受けたと言う。大学に通いながら、舞台やコンサートで全国だけじゃなく海外まで廻りながら勉強をして勝ち取った合格。ニュースになり、テレビに出る。それは、彼らが自分の意志で積み上げてきたものによって、彼らが狙った通りに、世界が動いた瞬間だったのではないかと思う。

NEWSの加藤シゲアキが、ジャニーズで初めて小説を書いた。処女作「ピンクとグレー」が映画化され、来年1月公開される。彼は、そこまで活動が行き詰まっていたNEWSというグループに還元するために小説を書いたと公言している。事実、このことはグループ名ともども加藤シゲアキの名を再び有名にすることに貢献したと思う。

実際のところ挙げていくとキリがない。特に私の場合はペンは剣よりも強しがごとく?ペンを持って戦っている人達に目が行きがちだけれど、それ以外の分野でもデビュー組ジャニーズJr.問わずジャニーズタレントたちが思いもよらないような新しい道を切り開いて行っている。

ただし、新しい道を切り開く時、そこにはいつも困難がある。私は今回ニュースになった阿部ちゃんと岸本くんの二人が、それぞれ5度目と4度目の受験で合格したということに人知れず涙した。というのも、難しい試験なので当然と言えば当然なのだろうが、1度では受かっていなかったのだ。どうやら二人とも選ばれし超人的な天才、と言うわけではなさそうだ。けれど、二人とも1度では諦めなかった。恐らく想像を絶するような忙しさのなかで、2度目でも3度目でも諦めなかった。そして今に繋がった。このことが、嬉しいという感情とは別に起こさせるもう一つの感情がある。

それが、「悔しい」だ。

私がTwitterを見てこの報せを知ったとき、同時にたくさんの歓喜に満ちたツイートを見た。さらにこの祭り(?)に乗っかって二人の魅力を宣伝しようというなんとも健気で現金なツイートも数々あったところはとてもジャニヲタらしい。そして、そんな中に紛れて少なくなく目にした呟きが「悔しい」「自分も頑張ってたつもりだったけど負けた」「足許にも及ばない」という嘆き、そして「もっと頑張らなきゃ」という決意だった。

ほんの最近まで、男性アイドルはファンに現実離れした夢を見させてくれる存在だったような気がする。いつも笑っていて、いつも綺麗。彼らはもしかしたら、自分が今いるつまらない現実から、どこか遠くへ連れ出してくれる白馬の王子様だったかもしれない。アイドルはキラキラした非現実の世界を見せてくれる完璧な虚像。

けれど、「悔しい」と呟いたファンにとって、アイドルはたぶん現実世界のライバルだ。

天は二物を与える、と阿部ちゃんと岸本くんを形容して下さった気象予報士がいた。でも、実際には天は二物を与えていない。彼らはいつも笑ってばかりでも、綺麗でもない。自分が生き残るために巧妙に策を練り、泥と汗にまみれて努力していた普通の青年だった。だからこそ、悔しいんだと思う。たとえ一方的でも同じ現実世界の土俵で戦って負けたのだ。努力の末に二物を勝ち取った彼らは本当に眩しい。真の意味で希望を与えてくれるアイドルのようだった。

なんて面白いん感情だろう、と思った。なんて面白くて素晴らしいんだって。

アイドル論とかそういう類いのものは全く読んだことがないので、全く無根拠に、自分勝手な感覚でここまでの発言していることを許して欲しい。

繰り返すようだけど全てファン側の一方的な感情であることは承知の上ではある。でも、アイドルが等身大の自分自身を以てして刺激をくれて、ファンに現実逃避ではなく自分の人生と向き合ってがむしゃらに生きていくための活力をくれるのなら、そんなに良いことはないなという願望だけここに書き置いておく。

改めて阿部ちゃん、岸本くんおめでとう。お二人の天気予報を一日の終わりに当たり前に見られる日々が来ることを心待ちにしています。